×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うつ病

うつ病・躁うつ病とは

うつ病とは、心の風邪という方もいますが、非常に怖い病気です。私の妻が躁うつ病にかかってしまったのですが

それは経験したことがない人には理解できない苦しみがあります。家族を助けたいと思う気持ちが逆効果になり

妻を苦しめてしまいました。最近でこそうつ病は周囲の方にも認知されてきていますが、家族、親族と第3者では

やはり違います。治してあげたいという気持ちが邪魔になるからです。

イメージとしては脳に分泌されるホルモン、つまり気分が落ち込んだり、逆にお酒を飲んだときのように高揚したりするように

自分の意思とは別に、別の何かに体を支配されているような感じで、極端に言えば脳に分泌されるホルモンによって

人間を別人に変えてしまうと言いますか、コントロール出来てしまうような感じです。

完治するには長期間の時間がかかることが多いですから、家族がうつ病になってしまった場合はその看病に一生付き合うぐらいの覚悟が必要になるのかもしれません。

当サイトではそんなうつ病や躁うつ病に関する情報を今後お届けしていきたいと思います。

以下はウィキペディアからの参照になりますがうつ病の概要をご紹介しておきます。

 

現在でこそ一般にも広く知れ渡っている病気であるが、以前は十分な理解が得られず「怠け病」などと呼ばれていた。

かつて日本で主流であったドイツ精神医学では、精神疾患を大きく外因性、内因性、心因性と原因別に分類し、うつ病はその中でも内因性うつ病という名で内因性疾患に分類されていた。

アメリカ合衆国の操作的診断基準であるDSM-IV-TRでは、「大うつ病性障害」(英語:major depression)と呼ばれている。majorを「大」と訳しているので誤解を生じやすいが、これは落ち込む程度の大、小のことではなく、「主要な」あるいは、「中心的な」という意味でのmajorである。

「(小)うつは病気ではないが、社会生活に支障をきたすほどうつが悪化すると、これは精神疾患である。」という意味ではない。DSM-IV-TRでは、症状の重症度について別の基準で評価することになっている。

うつ病は、従来診断においては「こころの病気」である神経症性のうつ病と、「脳の病気」である内因性うつ病と別々に分類されてきたが、2010年現在多用されている操作的診断では原因を問わないため、うつ病は脳と心の両面から起こるとされている。

「脳の病気」という面では、セロトニンやノルアドレナリンの不足が想定されており、脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物治療を行う。これが心療内科や精神科におけるうつ病治療の主流になっている。

日本うつ病学会では、厚生労働省からの依頼により、抗うつ薬の副作用をはじめとする薬物療法に関する諸問題を専門家の立場から検討し、適正な抗うつ薬使用法を提言するため、学会内に「抗うつ薬の適正使用に関する委員会」を2009年に設立している。

あまり生活に支障をきたさないような軽症例から、自殺企図など生命に関わるような重症例まで存在する。うつ病を反復する症例では、20年間の経過観察で自殺率が10%程度とされている。

なお、男女比では、男性より女性のほうが2倍ほどうつ病になりやすいとされている世界保健機関 (WHO) の診断基準については、ICD-10による気分障害の分類を参照。

うつ病の情報